top of page
  • 執筆者の写真mami

花とセミヌードを撮る理由.続



2回目のセミヌード撮影は

「50人のオンナの背中展」での撮影


50人の女たちの背中の写真を並べて

アートを描くという

エネルギーアーティストである

yoko morishita の企画の

50人中のひとりとして

背中のヌード撮影をした時でした


撮影はフォトグラファーの上田佐保さん


撮影当日も、もちろん楽しかったけれど


この企画のメインである

ライブペイントをしている時の

場の空気感が


今でも鮮明に残る記憶として焼きついてます


yokoがLIVEペインティングで


描く傍ら、その姿を撮影する佐保ちゃん


そしてLIVEで歌を歌ってくれているのは

アーティストのeiyaちゃん


とても素敵な空間だった


会場はその光景を見守る人たちで

溢れていたけれど


そんな中で

3人のパフォーマンスの最前列には


彼女たちの子どもたちが


床に座って


描かれるアートを眺めていてね



私はその子ども達の目に


釘付けになったんだ



たくさんの女性の裸の写真の前で


母たちが楽しそうに


描き、撮り、歌う姿を眺める


眼差しは輝いていて


この世界が

女性が伝え残していく

本来あるべき姿だと思ったのです



私もまたその日

当時20歳を迎えようとする娘と2人で

そのライブペインティングを鑑賞し


私の背中ヌードフォトも見てもらって

「おかーさん、きれい」の言葉を

娘から受け取り


ふわふわな愛に包まれて

帰宅したのが忘れられない

もう一昨年末の出来事です



また私には

もうひとり年頃の思春期息子がいてね


ヌード写真を撮ったり

撮られたりする母を

どう思っているんだろうって

もしそれをお友達に揶揄われたりしたら…って

ずっと、言えずにいたのでした


(ちなみに夫はすでにそんな私を熟知しているよ…笑)


思い切って

息子にセミヌード撮影をしたこと

それを公開していること

撮っていきたいと思っていることを伝えたの



そしたら息子はこう言ったの


「どうせ、アレでしょ、

HANANINGENみたいなカッコいい事でやってるんでしょ」



私はその言葉に脱力した


そんな言葉が返ってくるなんて

思ってもいなかったから


ヌード撮影だけでなく

私のHANANINGENの撮影活動のことも

含めて全てを受け入れてくれていること


そんな母をカッコいいと思っている…なんて


本当に思ってもいなかったから


涙が出るくらい嬉しかった



私は家族から教わり、励まされながら

私らしくあるための選択をしていっています


たくさん迷うし

悩むし、ブレるし…

それでも


私は私の感じていること

伝えるために

やりたいことをやっていくと…

そう決めています



人は皆オンナから産まれてくる

その源である

女性たちが自由である事


それってとっても大切なこと


あるがままで

自由に生きる女性

その生きる姿の美しさを

後世に伝えていきたい


その表現が私にとって

ヌード撮影であったり

花を頭にあしらった

HANANINGEN撮影であったりしています


私が花とヌードを撮る理由…です

読んでくださりありがとうございます🌱


*o○*○o*o○*○o*o○*○o

*お花と人、花とセミヌード撮影ご予約は…


●Instagramプロフィール →ご予約フォームから承ります


もう少し内容を詳しく知りたい方は

●Instagramプロフィール →hananingen-shinbi.com へその他のお



問い合わせはInstagramDMへお気軽にメッセージをください


たくさんの方に想いが届きますように♡

いつもありがとうございます♡

真美



閲覧数:19回

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page